ところ変われば?!

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧




冬至にかぼちゃ


1 昨日は冬至。
普段は気にしたこともなかったけど、たまたまスーパーマーケットに行ったら北海道のかぼちゃが4分の1で98円で売られていた。尋ねると「やすいから買っといて」という母の返事。
そこで購入したかぼちゃのラップの上に「12月22日は冬至。冬至にはかぼちゃを食べましょう」の文字が。
それで冬至を意識したという次第。
12月21日に購入して、その日に食べようか?といっていたけど、せっかくなので冬至にたべようかという話になり、我が家では冬至にかぼちゃを食べたのでした。

そういやどうして冬至にかぼちゃなのだろう?
というのが素朴な疑問。
母の思い出では、かつて自分の家でも古い乳母車みたいなものの中に、夏に収穫されたかぼちゃを保存していて、冬のおかずになっていたという。
かぼちゃは日持ちするから、それと関係があるのでは?とのこと。
そういえば1か月まえに夫から電話があった。
「日本のかぼちゃが珍しくやすいから1個買ったけど、かぼちゃってどれくらい日持ちするもの?」
母に尋ねると、皮をむかなければゆうに2-3か月はもつでは?とうこと。それもかつての乳母車倉庫のかぼちゃの記憶からきた話題。「じゃあ、もう1つ買いますね」という話になったのですが。
というのも、モンタナではかぼちゃの親戚のズッキーニは安いのですが、日本式の甘味のあるかぼちゃはあまり販売されておらず、1個の値段もほかに比べてずいぶん高いものになるのです。

さて、かぼちゃを冬至に食べるのは、今のように西洋野菜がまだない江戸時代にはじめられた風習で、ちょうど冬至のころが一番採れる野菜が少なくて、ビタミン類が不足することから、この時期の貴重な食糧源とされたとのだとか。

知ってみてなるほどな風習っていろいろありますね。

バレンタインにチョコレート
クリスマスにショートケーキ
…だけでなく、冬至にかぼちゃもぜひ、残しておきたい風習であります。
[PR]



by tinbraun2 | 2010-12-24 04:53 | 文化考

京都環境フェスティバル

京都環境フェスティバルというお祭りが2日にわたって開催されて、私もお仕事でいってきました。
2日めの今日は環境教育というテーマでお話をすることになっていたのですが…。
あまりにごちゃついた会場で、声もかれました…。私の話、伝わったかしらん。少人数ではありましたけれども、聞いてくださったかたがたどうもありがとうございました。
さて、ここで質問です。
みなさん、環境ってなんなんでしょう?!

辞書で引くと「私たちを取り巻く様々な事柄」

そういうことなので環境をテーマにした祭りといっても実にいろんなもんがありました。
でも、あまりにもさまざますぎて、なにしてんのかさっぱりわからん…というのが正直なところで。
つまり、いちばんの問題は「京都府がこのお祭りをなんの目的で開催しているのか??」というところでしょうか。

客引きのためなのか、本日はウルトラマンコスモス?もやってきて、こどもたちからの歓声を浴びていました。戦う相手は地球環境だからコスモスが来たのでしょうけれど…。。
これっていったいなんなんかしらん?

なんだかごたごたばたばたしている会場で、どれだけの人々がこの環境展の本当の趣旨(あるのかどうかわからんが)を理解したことでしょうか。。

ただそんな会場の一画にあったこの自動車だけは面白くて目に留まりましたのでみなさまにご紹介。
京都はただでさえ町の中心部は道が狭くて渋滞ばかり。観光客が多い時期はなおさらです。
町の中心部は公共機関(バスと電車のみ)にしてあとの移動は自転車とかにすればいいという意見ではありますが、もしも観光で走らせる車があるとすればやはり京都の文化をつたえるこんなんがよいなあと思ったのでした。
d0122331_18394799.jpg

d0122331_18382164.jpg


d0122331_18362932.jpg

雨が降ったらどうすんねん?という実用性には欠けるかもしれないこの車ですが、観光にはぴったしです。竹細工でこれだけのものを生み出すことができるというのも素晴らしい!
海外の人にアピールすること間違いなし。これが町中の神社仏閣にあればとてもお似合いです。
竹細工職人に仕事を与える良いチャンス。この座席が着物生地でできていればもっとよかったかも。。

もっと細かくじっくりみればひょっとしたら面白いもんがあったかもしれないけど、全体のメッセージが曖昧模糊として、頭がぼんやりして、こういう明確なものしか私の心には響かなかったのでした…。
[PR]



by tinbraun2 | 2010-12-12 18:59 | しごと

自然の美2

こちらに来て歩いていると、子ザル君が突然たちどまって落ち葉をひろうようになった。
モンタナでも家の庭にはきれいな落ち葉が落ちていることもあるけれど、むこうの樹木は紅葉じゃなくて黄葉。形もカエデやイチョウのような形に面白みのある葉がないせいか、あまり目にとまらなかったのか、あまり落ち葉を拾ったりしなかった。

日本にはいろんな樹木があって、それもほとんどが落葉樹、広葉樹。
ま、公園の木なんてのは日本の木じゃなかったりもするし、イチョウも街路樹で中国からのいわば外来種だし、紅葉も山もみじじゃない、イロハモミジなんてのは植えられたものではあるのだけど。。

で、近くの公園の木にはスズカケの木があって、その葉っぱは子ザル君の顔ほどもあるし、目につくようで、散歩中にそんな葉っぱを腰をかがめては拾う。
そんな拾いものを渡されてしばらくすると道端にまた捨てていたりしたのだけど、そのうちのいく枚かを持って帰るうちに、葉っぱコレクションが出来上がった。
このままおいておいても次第に色が変わってしまったり、乾きすぎていずれ捨てることになってしまうかなと思って、今回ためしに落ち葉アートを子ザル君に紹介することに。

意外や意外、子ザル君は真剣そのもの。絵具というもの自体今まであまり使ったことがなかったのだけど、真剣にその色を調合している。

出来上がったのはこの作品。
彼の色の選択の渋さは彼の性格を表してのことか??

d0122331_18475767.jpg

とりあえずハンコのように落ち葉を押す役割は私が担当したのだけど、イチョウなど、特に肉厚の葉を持っているので、絵具を何度塗りつけても耐えてくれる。

葉脈がきっちり映し出されると美しい
植物の形の美しさ。自然の美を改めて感じた。

大人でも十分楽しめる、この落ち葉アート。
ぜひまだ落ち葉の散りきらぬ初冬におためしあれ。
[PR]



by tinbraun2 | 2010-12-04 18:49 | しぜん

自然度たっぷりのアメリカモンタナの大地で起こるいろんな発見をお伝えしていきます
by tin2
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

思い出のクリスマス
from Anything Story

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧