ところ変われば?!

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧




サーカスの夢

先日母とコザルクンとでサーカスをみてきました。
どなたかから無料招待券をいただいたのでいってきたのですけれど
場所は伏見桃山城のあった場所。
JRの桃山駅から何せ城がある場所なのでずんずんと坂になり、徒歩20分とありますが相当な距離です。
幸い私たちは立地をしらなかったのですが車でいきましたので特にその坂を気にすることなく上がることができました。
当日は13時30分からの部と3時50分からの部の2回構成。
私たちはお昼からの部に間に合うようにいったのですが少し時間に遅れてしまいました。
で、駐車場係の人に尋ねるとなんともう満席ではいれないというのです!
で、無料招待券をもっているというと、『来る人はみんなもったはります』との返事。
いったいこの招待券、何枚ばらまかれたものか?

いずれにしても、この城の周辺、食事をするところもなければなにもない場所。
われわれのように車で上がってきたならいざしらず、駅からさきほどサーカスの場所めがけて歩いているらしい人もいたのに、これで入れないと言われた時には大変やなあ…と思いました。

さて、私たちとしては、もうやめようか?という話もでたのですが、せっかくここまでやってきて、コザルクンにもサーカスを見てあげるつもりでいたのに、このままただ引き返すのもねえ。。ということになって、一度城から坂を下り、下界でしばらく時間をつぶすことにしたのでした。

ーーーー
さて、やっと時間がきてサーカスの会場にはいりました。
私たちの一般席は、サーカスの人々の演技を横から眺める形になります。
迫力はまんまえから見るよりも少し不足するかもしれませんが、演技は十分みられる位置。
テント内は見物の人が全く寒くない程度にストーブがぼんぼんたかれていました。

サーカスの演技は実にすばらしいものがあります。
子どもだけでなく、大人も十分に堪能して、はらはらドキドキ。
コザルクンは高いところで行われる演技に何度も拍手を送りつつ、がんばってみていたのですが、お昼寝をしてなかったために次第に目がとろりんこん。
像が登場したり、最後の空中ブランコの演技のときには眠ってしまいました。
それでも昼寝をせずにこれだけ彼が目をあけていたというのは、サーカスがとても魅力的だったからでしょう。
特にライトに照らし出されて空中で演技するかれらの影がテントにうつるのが、また幻想的でおもしろかったようで、実際の演技よりもそちらばかりを見ていたときもありました。

私もかつてサーカスにいったことがありますが、次々と繰り広げられる妙技に息をのみ、どきどきしたことを覚えています。
その時と同様、ピエロが登場して場面転換の幕間にもお客さんを飽きさせない技、空中でとんだりはねたりの体力技、多くの動物たちの演技など、サーカスの魅力は色あせることなく、最後まで見せてくれました。
これだけの技を、けがなく乗り切るだけでなくお客様に魅せるためには毎日の鍛錬がずいぶん要ることでしょう。
あれだけの動物を引き連れて各地を転々とするのも大変だろうし、毎日の動物の餌から世話も、あれだけの団員が暮らしていくのもさぞかし大変であろうと感じました。

『来る人はみんな持ったはります』といったこのサーカスのチケット。

私も無料招待券がなければきっと行かなかったであろうと思うのですが、これだけの演技をみせて、無料招待の人しか来ないのでは、あの団員さんたちはきっと生活も厳しいのではなかろうか?と心配になり、少し申し訳ないような気持に至ったのであります。

その後気づいてみると、市内を走るタクシーにもこのサーカス割引券が大量にぶら下がっていたり、街中でも
配布されていたりと、まるでサーカスを正規の値段で見に行くひとはまるでいない様子をみると、あの幻想的なサーカスというものが、なんだか人のいない遊園地のメリーゴーランドや、影絵のようなさびしさと哀愁を感じさせるものとして心に残ったのでした。

サーカスが生きていけないような社会にはなってほしくないなあ…というのが、今回の感想。
サーカスが子どもたちに夢を与える場所であり続けてほしいものです。。

d0122331_6272336.jpg

[PR]



by tinbraun2 | 2010-02-17 06:27 | せいかつ

Flat Jacob Report

先日お伝えしたペラペラジェイコブ君旅行を夫がレポートしたものです。
生身のジェイコブ君がクラスに持参したこのレポートをもとに、日本が中心になっていろんな質問が飛んだそうです。
英語が嫌いじゃないあなた、ぜひよんでみてくださいませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
News! News! News! News!
Flat Jacob Arrives in Japan! All Eyes Watch Television Report!

Flat Jacob arrived in Japan on February 02, 2010. He took Delta #295 from Seattle to Tokyo! The airplane was full but since Flat Jacob is an Elite member Flat Jacob could sit in the front seats! He decided, “Chicken, please.” for his lunch. The flight took 9 hours!
After Flat Jacob got off the airplane he had to enter Japan through the immigration desk. The Immigration officer said: “Of course, Flat Jacob, Yokoso (welcome) to Japan. You can stay three months! Have a great visit!”

Then Flat Jacob went to his relative’s house. His cousin, Aunt in her pink kimono, and other relatives live in Kyoto, Japan. Kyoto is famous for 2,000 years of history with lots of temples and shrines.

Flat Jacob was sleepy! So he just went to sleep the first night!
The next day it was bright and shiny. It was February 03! This day is Setsubun, or the Devils Festival Day. So Flat Jacob went to a shrine with his cousin and Aunt.
The shrine was really crowded. Everybody was waiting for the Devils to come out of hiding! And suddenly, there they were, right in front of Flat Jacob! The Devils were red, black, and green! They even carried fire!

Aunt held Flat Jacob high in the air so Flat Jacob could see well. Some of the people in the crowd were wondering: “Who is this Flat Jacob? He is the tallest person around! And he has the best view.” So Flat Jacob explained to the people about his wonderful school teacher and his class project. All of the people in Japan were very impressed because Japanese schools don’t have Flat Stanley or Flat Jacob!
Then the Devils came even closer. The priest started shooting the arrows to fight off the evil spirits so everyone could have a happy year.

Finally the Devils lost and went away! Flat Jacob was happy to get the special Devil soybeans to keep his house happy!
Well, more about Flat Jacob’s adventures later! Did you find the city he is visiting on a map! Flat Jacob says, “ matta ne!” (until next time)
[PR]



by tinbraun2 | 2010-02-09 18:50 | 旅行

ペラペラジェイコブ日本へいく

節分の話をいたしましたが、そのとき私たちに変わったお伴がありました。
これ↓ペラペラジェイコブ君です。
d0122331_18283197.jpg


実はこれ、コザルクンのいとこ、つまり私の甥にあたるジェイコブ君の分身。
紙に書かれたジェイコブ君はいろんなところに登場し、写真を撮影。
そしてその写真がジェイコブ君のもとに送り返されます。
生身のジェイコブ君はペラペラジェイコブ君の軌跡を地図の上に描くという…。
これ、アメリカの小学生の社会科の授業、宿題なのです。

ちょうどこの宿題のお手伝いを頼まれた夫が、日本にまでペラペラジェイコブ君をつれてやってきたということで。
話によれば、甥のジェイコブはペラペラジェイコブ君のおかげではじめて日本という国がどこにあるかを知ったそうです。
節分の日、このペラペラジェイコブ君を大勢の人々の中で持ち上げ記念撮影を行いました。
あいにく強い風と光の反射で、ペラペラジェイコブ君のうつりはあまりよくないのですけど、
d0122331_18373592.jpg

とりあえず英語ではFlat Jacobという名前なのですけど、紙に自分の分身を書くというのは封筒にいれられて飛んでいくことが簡単だからという理由ですが、一体教室のどれだけの子どもたちの分身が一定期間どれくらいの距離を移動するのでしょうね。

日本にもこんな授業あるのかしらん?
おもしろい授業だなあと感心した次第であります。

節分会に訪れていた人も、私たちが一体何をしてるのかしらん?と思っていたであろうと思われます。
[PR]



by tinbraun2 | 2010-02-08 18:39 | 旅行

鬼のいる間に

昨年は吉田神社の節分会にいったのですが、コザルクンが鬼を判別できるほど近くに鬼が見られぬほどの込み具合だったこともあり、さらにはコザルクンもそろそろ鬼を認識できる年齢になってきたこともあったので、今回はもっと近くで鬼をみせようと、廬山寺の節分会にいってきました。
15時から始まるというこの祭りは鎌倉時代からの歴史があり、多くの人々がすでに詰めかけて、大きくもない寺の庭は人でうめつくされていました。しかしながらまだコザルクンは肩車すれば鬼の見える位置でありまして、鬼の出てくるのを待ち受けたのでした。

d0122331_16492766.jpg

お参りグッズを販売している窓口のそばには、本日の行程が時間を記載してはりだしてあります。
①法要
②鬼が来る
③追難弓式
④鬼が逃げる
⑤豆まき
…この通りであったかどうかは定かではないのですが、こんなかんじでさらに時間が書いてあります。
始まってみるとみな鬼が出てくるのがいつなのだろうと思うほど前半の法要(という名前だったかどうかも覚えてないけどとりあえずおねんぶつ。。)が長く感じられます。
特にどんな鬼がくるのやらとドキドキ待ち受ける小さい子をつれた親にとっては、前半のお念仏はただ長く感じられるばかり。。しかし今自分に憑いている鬼をうっちゃるためにはこのありがたいお念仏なしではいられないわけで。
しかしこういう人々のためにこの式次第が書かれているのでありましょう。
コザルクンは鬼が来るはずの場所を最初は見つめていましたが、次第に近くのドングリの木をみたり、空を舞うカラスとトンビの決闘をみたりして時間をすごしました。

d0122331_16461715.jpg

さて、やっと鬼が登場です!火の粉を振り回しつつ鬼がのしのしとやってくるのですが、ここ廬山寺の鬼のスピードは鎌倉時代のもの。ずいぶんみんなにゆっくりと見せつつやってきます。
最近はちょっといたずらが過ぎると、「いたずらっ子のところには鬼が来るよ」と軽く脅していたせいか、鬼を意識して、くらい部屋など覗き込むと鬼がいるなどといって怖がっていたコザルクンですが、いざ寺の鬼を見ると安心してしまったようです。
『赤い鬼だねえ!おっきいおっぱいだねえええええー!』
相撲取り級のおっぱいが、コザルクンの一番の目を引いたようでした。
周囲の人は笑っていいものか悩んだようで、ちょっと下をむいてみたりしてこみ上げる笑いを噛み殺しておりました。
コザルクンの鬼のイメージはただただ、『おおきいおっぱい』にあったようです。
鬼がやってきて建物の中に入ったころには境内に差し込んでいた冬の光はすでに失せて、京都の冷たくきびしい風が吹きはじめ体はどんどん冷え込んでいました。
もう帰りたいなあと思ったのですけれど、まだ鬼がいる状態で帰ってしまっては、厄落としができないのでは?ということになり、そのまま東西南北に弓を射て鬼封じを願う追難の儀式も見物しました。
d0122331_16465218.jpg

そこまでみると、今度は鬼が逃げる姿もちょっと見ようかとなり、そこまで見たらば豆まきの場所にもいないとねえ…ということになり。
というのも、豆とともに福餅も一緒にまくのですが、その餅のなかに赤く福という印のついた餅も混ざっていて、その餅を運よく手にした人は破魔矢と取り換えられるというのであります。ほんと、お寺も人を引きとめる技をきちんと持っているものです。
d0122331_16471596.jpg

そこまでの福を得られたらよいなあと希望をつなげて、結局最後までいたのにも関わらず、大勢の人々までに豆も餅もいきわたらず、結局私たちは破魔矢はおろか、餅のひとつも手にすることなく家路についたのでした。
アーーーーー寒かった!

でもさすが伝統文化を継承する寺の行事。ホラ貝の音、太鼓の響きも手伝って鬼の舞いもいとおかしでありました。

家へもどったあと、コザルクンはあまり鬼を怖がらなくなったようです。
[PR]



by tinbraun2 | 2010-02-06 08:36 | せいかつ

自然度たっぷりのアメリカモンタナの大地で起こるいろんな発見をお伝えしていきます
by tin2
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

思い出のクリスマス
from Anything Story

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧