ところ変われば?!

ハワイビーチデビュー

日本より帰国いたしました。
…といっても、まだまだ時差ぼけで、変な時間におきているのでつらいものがあります。
そこでブログでも書いておこうと思ったわけでして。

ーーー
帰国の途中ハワイで数日をすごしてきました。
なんといってもコザル君にとって何時間もすごす機内が一番大変でもあるし、ハワイ便は日本から夜に出るのでそのほとんどを寝てくれている可能性も高いし。
なのでハワイ、ということなのですが、なかなかおもしろいハワイをすごしてきました。
もともと山好き、海はあまりでハワイに興味のなかった私ですが、次第に好きになってきているようです。

実は何度目かのハワイになるのですが、今回ビーチで泳いだり、たまたまかさなったハワイフェスティバルをみたり、はじめて市内をまわるトローリーに乗ってみたりしたのでした。

ハワイフェスティバルというのはなかなか大きなお祭りで(知る人はみな知っているのもしれませんが)、こんな祭りがあること自体知らなかった私は結構びっくりでした。

1日目はコンベンションセンターで日本とのつながりのある催しがいろいろ開催されておりました。
無料で体験できる絵手紙とか、書道とか、いけばなとかかるたとか、布ぞうりなどがあって、こんな祭りなら日本でやっても十分楽しめるのではないか?と思いました。
とにかくなぜこの祭りが始まったのかあまりしらずに見たのですが、日本づくしの2日間です。
中に吹き矢体験、魚拓Tシャツづくりなどあり、なんかハワイ的日本文化もありましたが。

ハワイフェス2日目は夕方から行われるパレードで、大通りを全部しめきってやってました。
あれだけの交通を遮断するのは大変なことでありましょう。

ただ、もう参加者が多すぎなのか、パレードは4時間もあって、最初は結構見物客も多数座り込んでみてたのですが、2時間も経過するとさすがにみんな疲れがでてきて、4時間後には見物客も参加者も、なんだか適当な雰囲気でありました。
途中雨がばらばらっとふってきたのが、ちょうどよい写真になりました。(すでにスタートから3時間ほど経過、私たちは食事をしたあとの日没風景です)
d0122331_2015633.jpg


お祭りのフィナーレはおみこしの部。青森のねぶたやら、花火のまい散る大蛇山などをぼんやりと眺めました。
コザル君もこういうお祭りを見るのは初めてなので、なんだこりゃ、みたいな顔のまま、それなりにずっと興味は失わず、肩車されて眺めたのでした。
d0122331_2014070.jpg


さて、今回ほかにハワイといえば…ということで、コザルくんともどもビーチで泳いできました。
といってもコザル君は海で少し浮かんでみたくらいのことでしたが。
風呂だとにこにこなのに、海やプールではなんだか微妙な顔つきです。しばらく浮かんでいるうちにやっと少しだけ笑顔も見せる余裕もでてきたのではありましたが。
d0122331_2045643.jpg


また、ダイアモンドヘッドのトレイルにも挑戦してきました。
やはり高いところから見下ろす海の景色、ワイキキなどの景色が一望できて美しいものです。
ただ、私たちがいった日は、山より海のがよいほどの暑い一日で、長い最後の階段に、汗も噴出してきます。
d0122331_2054295.jpg

コザル君は山のてっぺんから見える海や空を眺めつつ『きれいねー』という私に答えて、「きれい・きれい!」といったのでした。
d0122331_20254324.jpg


ハワイフェスのせいもあってか、さらに多くの日本人に出会ったハワイでしたが、日本からアメリカに飛ぶ場合、ちょうど日本とアメリカの文化が交じり合う、こんな場所で一息つくと、自分の心の状態も少しずつリセットできてよいなあと思ったのでした。

*おまけに日本食材もしこたま買い込むこともできるよい場所でありました!
[PR]



by tinbraun2 | 2009-03-21 20:24 | せいかつ

自然度たっぷりのアメリカモンタナの大地で起こるいろんな発見をお伝えしていきます
by tin2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

思い出のクリスマス
from Anything Story

検索

タグ

ファン

ブログジャンル