ところ変われば?!

出生届

日本では区役所などに両親が記入して届け出る出生届ですが、アメリカでは、各病院の担当者がその病院のある役所に届けをだしてくれます。
もちろんそのために病院にはこどもが生まれる前に、その提出依頼書みたいなのを書いておく必要があるのですけれど。

病院ではこどもが生まれたあと、身長や体重や誕生日、子供の名前などを記入して、数日内に手続きを済ませてくれます。つまり、こういう届けをしてもらうためには、子供の名前は病院で生まれて2.3日内にきまっていなくてはならないのです。
日本では生まれてから最後に悩む人もあるようですけど。

私の場合は、ボーズマンがギャラティン郡にありますので、その郡役所に届けがだされました。
そして、日本に帰国するつもりでパスポートを早めに取得するために、その出生証明書を郡役所にもらいにいきました。

12月3日のことですから、約1週間後、もう慧の出生証明書をだすことができたわけです。

記念だからと、郡役所の女性に写真をとってもいいですか?とたずねたら、ちょっと戸惑い気味に、もちろんいいですよと、写真をとらせてくださいました。

季節はクリスマス間近。
役所といえど、はなやかに、クリスマスの飾りつけをして、いいかんじ…だったのですが、ざんねんながらあまりそのオーナメントはうつっていませんけれど。

さて、これが記念の一枚です。
ベビーカーシートの中で本人はぐっすりお休み中ですけど。。


d0122331_230214.jpg

[PR]



by tinbraun2 | 2007-12-15 02:30 | 新生活?!

自然度たっぷりのアメリカモンタナの大地で起こるいろんな発見をお伝えしていきます
by tin2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

思い出のクリスマス
from Anything Story

検索

ファン

ブログジャンル