ところ変われば?!

ボーズマン図書館children's festival

昨日は毎年開かれる、ボーズマン図書館のchildren's festival でした。毎年、かなり有名な子供の絵本や本の作家が招待されて1日中のイベントが開催されます。去年も行ったのだけど、遅い時間に行き過ぎて、作家のトーク等はすべておわってしまっていました。今年は早くにいったので、作家が自分の絵本を直接パワーポイントで紹介してたり、トークしたりするのを聞くことができました。今回は、日本でも本やさんの絵本コーナーにいくと必ずおいてある、この熊の絵の挿絵を描いたジョン・クラッセン氏と、マック・バーネット氏が特別ゲスト。
d0122331_3473750.jpg

実は熊の絵の『どこいったん』はこの二人の共作ではなかったので、特に取り上げられた本は共作の2冊でした。1冊は『アナベルとふしぎなけいと』もう1冊は『サムとデイブあなを掘る』です。特に2冊目の作品は、軽くするっと読むといろんなシカケがあることにあまりきづかないのですが、作家自身が仕組んだいろんな仕掛けを少し説明してくれると、どれだけこの絵本1冊を仕上げるのに、いっぱい考えられてあるかがわかってとても面白かったです。(ここに書いてしまうと完全にネタをばらしてしまうので、読んでみたい人はぜひいっぱい探してみてください)。マックさんはお話しを書いている人らしく? 話上手で、常に笑顔でみんなをたくさん笑わらせていました。ジョンさんは絵を描く人らしく、内に秘めたるものがある静かな感じのする方。お二人ともいまや絵本の世界では売れっ子の作家さんですが、最後のサイン会ではひとりひとりの子供たちに声をかけ、話かけ、時間を惜しむことなくひとりひとりの人たちにひとつずつのメッセージやイラストを描いておられて、とてもさわやかな印象をうけました。
d0122331_349833.jpg
我が息子にも『サムとデイブ』を購入し、サインをしてもらうのに、「11月26日8歳になるkEIへ」と書いてくださいとお願いしたら、ジョンさんは「おー!!3日違いだ、僕は11月29日が誕生日だよ!」といって、バースデーハットをかぶった犬のイラストを特別に本に書いてくれました。マックさんに、日本でもお二人の本はよく目にしますし、日本の人もいっぱいあなたたちの本を読んでますよ!といったら、すごく嬉しそう+ちょっと心配そうに「翻訳はどうですか?」ときかれました。本はみかけたことがあったけれど、きっちり読んだことがなかったので、翻訳についての感想を伝えられなかったのが残念でした。
[PR]



by tinbraun2 | 2015-11-09 03:51 | せいかつ

自然度たっぷりのアメリカモンタナの大地で起こるいろんな発見をお伝えしていきます
by tin2
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

思い出のクリスマス
from Anything Story

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧