ところ変われば?!

不思議体験

『ウエストサイドストーリー』ときいて、しらない人はほとんどいないのではないでしょうか??そのウエストサイドストーリーで、かつて助演男優賞をとった俳優…ジョージ・チャキリス氏がこのモンタナの田舎の小さな町、ボーズマンにやってきて、映画にまつわる話等を聞いたあと、会場でウエストサイドストーリーを見るといったプログラムがありました。かつてミュージカルやダンスにはまって、この映画も何度も見たことのある私は、ぜひいってみたい!!と思ってでかけていきました。
マリリン・モンローやエルビス・プレスリーなど、もうほぼ伝説の人となっている人々と共演した経験を持つ年代のジョージチャキリス氏(現在80歳だそうです)の話を直接身近にきくことはなんだか不思議な気分でした。
会場にはこの映画をなつかしく思う世代の人だけでなく、もうマリリンモンローやエルビスといってもピンっとこない世代の子供たちも、多分ジョージ・チャキリスという名前を聞いても知らないと答えるような子供たちもたくさんいたのですが、そういう子供たちにとって、ジョージチャキリス氏の話はどのようにうけとめられているのかは全く想像の範囲を超えていました。英語の理解がなかなか難しい私にとって、10%程度しか彼の話は理解できていない気分で残念でしたが、彼の言葉をすべて理解できた家族は「彼はオスカーももらって、ものすごく有名な立場にあるのにすごく謙虚だ!!」と感心していました。
実際、インターミッションでは、チャキリス氏は、狭いロビーに姿を現わし、お客さん一人ひとりと言葉を交わし、サインをしたり、写真を一緒にとったりと、ずいぶん長い時間をお客様サービスに努めました。私もおかげで、有名なチャキリス氏と少し話をする機会を得ました。残念ながら周りはかなり騒がしく、その上、チャキリス氏はちょっと耳が聞こえにくいようにお見受けしました。
舞台に現れた姿は、80歳とはとても思えない程のスマートさと若さでかなりびっくりしたのですが。

私たちは前半、映画にまつわる彼の話をきいて、休憩をはさんだのちにはじまった映画を見る際は、ジョージチャキリス氏はとっとと会場を去ってしまうのだろうと思っていたのですが、なんと、私たちが座っていた座席のすぐ右隣あたりの座席に位置を占め、自分の映画を一緒に観賞始めたのでした。自分の出演する映画を一緒にお客とみるというのは、いったいどんな気分なんでしょうね?チャキリス氏の素晴らしいダンスシーンが終わると、観客たちは大きく拍手し、『Great ! George!!』等と、彼にとってはもう50年も前に撮影した映画を、まるでつい先日のものと同じもののごとく口ぐちにほめたたえる声が会場中を埋め尽くしました。
私はウエストサイドストーリーという半分伝説のような映画を、その映画で世界的に有名になった出演者とほぼ同じ列で並んでみているというこの不思議な現象を、どう受け止めていいのかわからないなんともいえない気分でこの数時間を過ごしたのでした。

映画をご覧になった方ならお分かりのように、この映画、かなりの長時間に及びます。
映画の半分の地点で再びインターミッションがあったのですが、その時点ですでに10時に近かったため、子ザル君には遅すぎ…と、残念ながら私たちは会場を途中で去ることになりました。
映画は今の時代の7歳にも通用するだけの素晴らしいものだったようで、子ザル君も後半がみられないのは残念だったといっていました。(DVDをかりてきて見ることになっておりますが。。)
映画を最後まで観賞した際、会場がいったいどんなことになったのか?(多分ブラボーの声に包まれたであろうと思われますが)見られなかったのは少し残念だったのでしたが。
 

d0122331_0471956.jpg

[PR]



by tinbraun2 | 2015-04-14 00:54 | せいかつ

自然度たっぷりのアメリカモンタナの大地で起こるいろんな発見をお伝えしていきます
by tin2
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

思い出のクリスマス
from Anything Story

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧