ところ変われば?!

韓国という国

先日ハワイ経由でモンタナに戻ってきたのだけど、正確にいうと韓国インチョン経由ハワイ行、ハワイ経由モンタナという順番だった。人生で初の大韓航空にのったのは、たまたまデルタのマイルスでこのハワイ経由が安く手に入れられたから。
実はなんでかしらないけど、大韓航空については、へんな不安をもっていた。で、あまり乗りたくない飛行機会社のひとつだった。(昔落ちたことがあったのだろうか?そういう印象が強かった。)
ところがところが。サービスの良さにかなりびっくりした。
子ザル君は飛行機にカーシートとしてもつかっているチャイルドシート(飛行機兼用版)を常に持ち歩いて飛行機にのっているのだけど、関空でチェックインした際、『搭乗時間より30分前にきていただけたら、ビジネスのお客様より優先的にご搭乗いただきます。なお、スタッフが先にシートの設置をさせていただきます』とのことと。いえ、慣れてるから別にいいですよといったけれど、「いえいえ、こちらでさせていただきます」との話。チェックインはスムーズにおわって、別段やることもないのだから、搭乗口にさっさといってまっていたらば、ほんとに一番乗りで搭乗させてくれた。シートは向こうが設置してくれたので、いつも狭いエコノミーの通路を一生懸命他の荷物と一緒にもちあげながらいくのにそれも不要。
さらに、今回乗り換えがとてもタイトで1時間しかなかったので、それをいうと、すぐにビジネスにすごく近いところに席をうつしてくれたうえ、客室乗務員にもそれはつたわっていて、おりるときにすぐに席まできてくれて、取り外したシートどころか、手荷物までもってすぐに降りられるようにと手伝ってくれた。
韓国インチョンまではたった1時間30程度のフライトなのに、通常飲み物サービス程度で終わるこの短い時間のあいだにけっこうおいしいサンドイッチのサービス。おまけにお味噌汁もコーヒーなどと共にやってきて、お味噌汁好きの子ザル君はとってもよろこんでのみほしていた。
d0122331_20182068.jpg

おまけに子供だからと、韓国航空の飛行機のぬいぐるみキーホルダーのプレゼントつき。
サービスする人は私が韓国人かどうかわからず、韓国語で話かけられ、なんと応対してよいかすらわからず、そんな顔をすると、がんばって日本語で応対してくれていたけれど、そんな外国人対応がなんだか新鮮でもあった(最近英語で話しかけられる以外なかったから)。

こういうサービスは今はどうかしらないけど、かつてのJALの国内線サービスが思い出された。国際線として使ったことがないから知らないけれど、北海道とかへ行く際に、たいして長い距離じゃないのに、キャンディーサービス、おもちゃサービス、食事サービスとなかなかその頃はサービスがよかった。それが売りでもあったのだろうけれど。

さて、ハワイからソルトレイクシティ-へいったのだけど、その機内のサービスもなかなかだった。
食事は、子供にはキッズミールを選択できると電話をした際にきいたので、じゃあなにが選択できるのかと尋ねると、とんかつにオムライス、ハンバーガーなどなど。。なかなか気が利いている。アメリカの会社だと、子供になるとなんだか少量になって、フライドポテトとかマカロニチーズとか、かえって栄養バランスが悪くなりまずくなるようなものがでてくるのが常なのだけど。それで、いちおう子ザル君にはとんかつとオムライスを頼んでおいた。
味のほどはまあそれなりな様子だったけど、大人のメニュー以上にボリュームのあるものが登場していた。
で、私のメニューというと2種類のなかから、せっかくだからコリアンエアらしく韓国フードをお願いしたらビビンバがでてきた。韓国らしく2種類のキムチも。
d0122331_20165452.jpg

でもこのビビンバ、これがなかなかヘルシーで、にんにくの強い匂いが機内に漂うことを除けば、日本人としてはうれしい野菜中心食で、おいしかった。写真は見た目いまいちかもだけど。。
子ザル君はとんかつをそれなりに食べたうえ、私のビビンバ丼も試してみて、さらにたべ、一緒についていたワカメスープもおいしいおいしいと全部のんでしまった 。
さらにほしいかどうかは別にして、ぬいぐるみのおもちゃのサービスもあり。
2回目の食事がオムライスだったのだけど、眠いときにでてきたので、まったく食さず(なのでコメントは省略)。

韓国という国は、もともと日本へ渡来人としてやってきて日本人のルーツのひとつでもあるのだから、私たちの根っこはどこかでつながっているなず。それをかんがえればなんだかサービスのありかたの丁寧さが似ていることとか、野菜中心主義であることとか、なんだかそういうほっとするのは共通点があるからなのかもしれないなあとおもったりもして。デルタはやはり私たちアジア人のサービスとは違った体系を持っているような。(いえ、文化だけで片付けてはいけないこともきっとあるのだろうけど)

今回、北朝鮮の問題のせいなのか??タイトな乗り換えの割にはやたらと厳しいセキュリティにいらいらとさせられたけど、それを除けばなかなかな経験だったなあとおもった。
子ザル君は今のところよく変わりつつもまだパイロット志望でもあるのだけど、先日までデルタしか知らなかった彼はデルタのパイロットといってたけど、今はコリアンエアに変わっている(笑)。
d0122331_2019672.jpg

[PR]



by tinbraun2 | 2013-05-24 19:42 | 文化考

自然度たっぷりのアメリカモンタナの大地で起こるいろんな発見をお伝えしていきます
by tin2
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

思い出のクリスマス
from Anything Story

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧