ところ変われば?!

春と夏がやってきた

ことしは冬の長かったモンタナ。実は今もまだフリースを来ていますがそれで十分。まだ早春の涼しさです。数日前まで庭はチューリップがさいていました。やっと今ライラックが満開に。
先週末近くのハイキングトレイルへいくと、もう草原はお花畑状態。
それも春の花と夏の花が混在しています。
ほんとだったらもうとっくに終わってしまっている花もまだ咲いているし、夏に始まる花もスタートしていて、不思議な状態です。
おかげでいろんな花が見られて楽しい時間。写真を撮るだけで数メートルしか進むことができませんでした。
例年ならばみることがあまりない光景です。
せっかくなので少しご紹介
d0122331_612452.jpg

ファジータンペンステモン オシベのまわりの黄色いふさふさした毛が名前の由来。 
d0122331_613115.jpg

チョークチェリー。日本でいえばイヌザクラなどの桜の仲間
d0122331_6131516.jpg

ワイルドアイリス 日本ではハナショウブの仲間
d0122331_6132549.jpg

コーラルストライプオーキッド とっても小さなランの仲間 ちょっと日陰の湿ったところにさいていました。


毎年同じ季節に同じ場所を観察しているわけではないので、今年と去年の違いはわかりませんが、気候が涼しいのは明らか。
花の観察も涼しい風の中。このまま秋になっちゃったらどうしよう…。
心配しつつも、楽しいひと時をすごしたのでした。
[PR]



by tinbraun2 | 2011-06-15 06:18 | しぜん

自然度たっぷりのアメリカモンタナの大地で起こるいろんな発見をお伝えしていきます
by tin2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

思い出のクリスマス
from Anything Story

検索

ファン

ブログジャンル