ところ変われば?!

京都環境フェスティバル

京都環境フェスティバルというお祭りが2日にわたって開催されて、私もお仕事でいってきました。
2日めの今日は環境教育というテーマでお話をすることになっていたのですが…。
あまりにごちゃついた会場で、声もかれました…。私の話、伝わったかしらん。少人数ではありましたけれども、聞いてくださったかたがたどうもありがとうございました。
さて、ここで質問です。
みなさん、環境ってなんなんでしょう?!

辞書で引くと「私たちを取り巻く様々な事柄」

そういうことなので環境をテーマにした祭りといっても実にいろんなもんがありました。
でも、あまりにもさまざますぎて、なにしてんのかさっぱりわからん…というのが正直なところで。
つまり、いちばんの問題は「京都府がこのお祭りをなんの目的で開催しているのか??」というところでしょうか。

客引きのためなのか、本日はウルトラマンコスモス?もやってきて、こどもたちからの歓声を浴びていました。戦う相手は地球環境だからコスモスが来たのでしょうけれど…。。
これっていったいなんなんかしらん?

なんだかごたごたばたばたしている会場で、どれだけの人々がこの環境展の本当の趣旨(あるのかどうかわからんが)を理解したことでしょうか。。

ただそんな会場の一画にあったこの自動車だけは面白くて目に留まりましたのでみなさまにご紹介。
京都はただでさえ町の中心部は道が狭くて渋滞ばかり。観光客が多い時期はなおさらです。
町の中心部は公共機関(バスと電車のみ)にしてあとの移動は自転車とかにすればいいという意見ではありますが、もしも観光で走らせる車があるとすればやはり京都の文化をつたえるこんなんがよいなあと思ったのでした。
d0122331_18394799.jpg

d0122331_18382164.jpg


d0122331_18362932.jpg

雨が降ったらどうすんねん?という実用性には欠けるかもしれないこの車ですが、観光にはぴったしです。竹細工でこれだけのものを生み出すことができるというのも素晴らしい!
海外の人にアピールすること間違いなし。これが町中の神社仏閣にあればとてもお似合いです。
竹細工職人に仕事を与える良いチャンス。この座席が着物生地でできていればもっとよかったかも。。

もっと細かくじっくりみればひょっとしたら面白いもんがあったかもしれないけど、全体のメッセージが曖昧模糊として、頭がぼんやりして、こういう明確なものしか私の心には響かなかったのでした…。
[PR]



by tinbraun2 | 2010-12-12 18:59 | しごと

自然度たっぷりのアメリカモンタナの大地で起こるいろんな発見をお伝えしていきます
by tin2
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

思い出のクリスマス
from Anything Story

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧